スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の「ながらの作業」が可能な戦車。

日本には現在「74式戦車、90式戦車、10式戦車」の3種類の戦車がある。最新型の「機動戦闘車」と呼ばれる8輪のタイヤで走る新型車両が現在配備される事になっているが、いわゆるキャタピラに乗ってる戦車は3種類。
採用された西暦の下二桁が数字で表記され、読み方は「ナナヨン、キュウマル、ヒトマル」と自衛隊の数字の数え方で呼ばれる。
↓の画像は前から「74式、10式、90式」の並び
20160910-04

戦車は主砲を撃って戦うのだが、大砲の弾はミサイルとは違い撃った弾が敵を追尾する機能が無いために、撃つときの精密度が非常に重要で【止まって撃つ】のが基本なのだが、最近の日本の戦車は走行時の安定性が向上して【走りながら撃つ】ことができ、10式戦車はスラローム走行をしながらの連続射撃が可能になっているので、自分が発射した時の煙や巻き上げる砂煙をかわし前方の確認もできるし、撃った場所に反撃されてもすでにそこには居ない利点もある。
蛇行運転をしながら射撃する10式戦車↓
20160910-03

もちろん、最新型であっても止まって撃てれば一番いいのだが、敵の攻撃から身を守るためには、極力動き回っていたほうがいいし、10式戦車は前進攻撃した後にUターンして陣地に下がる時も、全速力で走りながら砲身を後ろに向けてバック状態で攻撃ができる。
ヘッドライトを点灯して全速力で走行しながら、砲身は後方に向けて後方の敵に射撃を行う10式戦車↓
20160910-02

いま日本の車両の中では、最強の「ながら作業」ができるのりものかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

クロスケ

Author:クロスケ
知ってても損は無いけど、日常使う必要のないことばかり気楽に書いてくつもりですので、丁寧なコメントいただいても、返信とか無いかもしれませんが、そんなスタイルでボチボチやってくつもりです。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。