スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ大仏を作るんだろう?

まだ科学が世に広まっていないような時代ならともかく、近代になっても未だ大仏の建立は止まらない。

「奈良の大仏」と「鎌倉の大仏」を知っていれば、ほとんどの人は一生大仏の話題には困らないと思うが、それでも平成になって21世紀になって、未だに大仏は作られている。
愛知県にある聚楽園大仏は昭和の傑作の一つだが、もちろん昭和時代にも多くの大仏が作られている。
20190919-02

でも、なんで大仏を作ったんだろう?
予算的にもヘタな中層マンションぐらいできてしまうような金額がかかるのに、大仏を作ってしまう人がいる。
公共事業でもなく、事務所やオフィスが入るビルでもなく、商業施設でもなく「大仏」
大仏があるところに行くと解説版などがあるが、よく使われている言葉に「悲願」というキーワードがある。
悲願・・・「お彼岸」じゃなくて「悲願」の方だ。
元は仏教用語の「悲願」の意味は「成し遂げたいこと」だから、要するに「どうしても大仏が作りかたった」のだろう。
201619-05


では、なんで「大仏を作りたいのか?」
それが、まだわかんね~んだよな~( ̄o ̄;)ボソッ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

クロスケ

Author:クロスケ
知ってても損は無いけど、日常使う必要のないことばかり気楽に書いてくつもりですので、丁寧なコメントいただいても、返信とか無いかもしれませんが、そんなスタイルでボチボチやってくつもりです。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。